境内のご案内

萬福寺の伽藍は左右対称に配置されており、全体は西側を向いて乱れなく建てられています。
一番西側にある総門をくぐり右手に放生池を見ながら進むと、巨大な三間三戸の三門、そしてその奥には萬福寺の玄関にあたる、天王殿を臨むことができます。天王殿の奥には大雄宝殿、さらに奥には法堂が一直線になるように建てられています。
萬福寺の伽藍はそのすべてが屋根つきの回廊で結ばれており、雨天の際でも問題なく法式を執り行うことができるようになっています。
回廊沿いにはそのほかにも、南側に鐘楼、伽藍堂、斎堂、西方丈が、北側には対称となる位置に鼓楼、祖師堂、禅堂、東方丈が、並んでいます。
これら萬福寺内の建物は一般的な日本の寺院建築とは異なって、宗祖隠元禅師が日本に渡ってこられた中国の明時代末期頃の様式で造られており、建築材も南アジア、東南アジア原産のチーク材を使用しています。各所に見られる「卍くずし」と呼ばれるデザインや、円い形をした窓、伽藍の扉に施された桃の実の形をした「桃符」という飾り、アーチ状に造られた「黄檗天井」など、ほかの日本の寺院では見かけることのないような建築手法、デザインが用いられています。
また、三門から天王殿へと向かう参道を北側に折れたところには宗祖隠元禅師を祀る開山堂が建てられています。

 総門(そうもん)

左右の屋根が低い牌楼(ぱいろう)式の中国的な門。

 三門(さんもん)

総門をくぐって、しばらく行くと眼前にそびえる大きな門が現れる。

 天王殿(てんのうでん)

中国寺院では一般的に玄関として見られるお堂。弥勒菩薩(布袋)の他、四天王、韋駄天が祀られている。

 斎堂(さいどう)

僧侶が食事をするところ。前には魚の形をした開パン(かいぱん)が吊るされている。時を報せる法具。

 大雄寶殿(だうおうほうでん)

萬福寺の本堂です。本尊の釈迦如来座像の他、十八羅漢像を安置する。

 法堂(はっとう)

説法をする場所。前にある「卍くずし」の勾欄が中国風を醸し出している。

 開山堂(かいさんどう)

開山 隠元禅師を祀る場所。4月3日に祥當忌、毎月3日に月例忌が営まれている。

 

 

拝観料

  個人 団体 (30名以上)
大人 500円 450円
大学生・高校生 500円 300円
中学生 300円 250円
小学生 300円 200円


拝観時間 / 9:00~17:00

※入山受付は16:30までです。(朱印所・売店も同様となります)

 

 

駐車場料金

  最初の90分 超過30分ごとに
普通車 500円 200円
バス 終日 2,000円

 

注:萬福寺所有の駐車場は、南側(黄檗市民プール裏)の大駐車場のみです。
ご不明な点はお電話で確認ください。